• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動サ四]

  1. 物思いにふけりながら夜を明かす。

    1. 「夜ひと夜―・して」〈夜の寝覚・一〉

  1. 思い続ける。

    1. 「道々―・して行くに」〈ひとりね・上〉