• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動サ四]

  1. 次から次へと思い浮かべる。連想する。

    1. 「この世のほかの事まで―・され」〈・朝顔〉

  1. あきらめる。断念する。

    1. 「父母の御ためと―・せば悔やみはなし」〈浄・大磯虎〉