が原義。「惑」は当て字》
  1. あらかじめ考えていた事柄。考え。意図。また、見込み。「なにか―がありそうだ」「―が外れる」

  1. 自分のしたことに対する他人の反応、評価。評判。「世間の―が気になる」

  1. 相場の変動を予想すること。また、その予想によって売買すること。

  1. 人に思いをかけること。恋心。

    1. 「何の―がありて、美形の女の方より、指爪を放しやるべし」〈浮・禁短気・二〉

  1. 思いをかけた人。恋人。情人。

    1. 「この―の心算用をすまさせいでは」〈浮・禁短気・一〉

《動詞「おもう」のク語法》
  1. 思うこと。

    1. 「あしひきの山は百重 (ももへ) に隠せども君を―止む時もなし」〈・三一八九〉

  1. (副詞的に用いて)思うことには。思うには。

    1. 「里見れど里も見かねて怪しみとそこに―」〈・一七四〇〉

[社会/経済]カテゴリの言葉

出典:青空文庫