• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

徳冨蘆花の自伝的小説。明治33~34年(1900~1901)に発表。作者自身の生活体験に基づいた教養小説であり、同時に明治の時代精神を描く。