• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

思索生知の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

道理や筋道を追って、物事をよく考えることで知恵が生まれてくるということ。▽「思索」は筋道を立てて十分に考えること。「生知」は知識・知恵が生まれること。一般に「思索しさく、知を生しょうず」と訓読を用いる。「生」は「しょう」とも読む。
出典
『管子かんし』内業ないぎょう

思索生知の解説 - 小学館 大辞泉

筋道を立ててよく考えれば、知恵は生まれてくるということ。思索知を生 (しょう) ず。しさくしょうち。