• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名](スル)
  1. 平安後期から鎌倉時代にかけて、罪人に提出させた謝罪状。過状。

  1. 自分の過失をわびる旨を書いて人に渡す文書。わび状。あやまり証文。

    1. 「たちまちに名符 (みゃうぶ) を書きて、文差に差して―を具して」〈今昔・二五・九〉

  1. 過ちをわびること。あやまること。謝罪。

    1. 「とかく―して許 (ゆ) りにけるとかや」〈著聞集・一〉

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉