• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

性猶杞柳の解説 - 学研 四字熟語辞典

人間の本性は、曲げて器にできるコリヤナギのようなもので、善にも悪にもなり得るということ。
注記
「杞柳」は、コリヤナギ。「性は猶お杞柳きりゅうのごとし」と読み下す。
出典
『孟子もうし』告子こくし子上
用例
それはコブヤナギといつて、「孟子」に謂はゆる杞柳きりうのことだといふ。性は杞柳のごとく、義は桮棬はんけん(原文ママ)のごとし。人の性を以つて仁義を為すは杞柳を為るがごとし。とある。その杞柳は柳行李の材料になると山崎氏の話であつた。〈野上豊一郎・北信早春譜〉
類語
性猶湍水せいゆうたんすい

キーワード[善悪]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。