• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《形容詞「け(怪)し」の連体形》

  1. えたいの知れない。異様な。

    1. 「内にはいつしか―者など住みつきて」〈増鏡・むら時雨〉

  1. 変わっていておもしろい。

    1. 「これも―わざかなとて、御衣 (おんぞ) 脱ぎて被 (かづ) けさせ給ふ」〈増鏡・おどろの下〉