• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名・形動]《「誕」はいつわりの意》奇怪で、つかみどころのないこと。また、そのさま。でたらめ。
  • 「教祖の記録は―にして信ずるに足らずとせり」〈中村訳・自由之理