[動ワ五(ハ四)]特定の相手に心ひかれて、その人を思い慕う。また、特別な人物や場所などを強く慕う。恋する。「亡き妻を―・う」「故郷を―・う」「昔を―・う」
[動ハ上二]《本来は、時間的、空間的、心理的に離れてしまった対象に思いが残り、それに心ひかれて嘆き悲しむ意。上代は助詞「に」をうけて、「…に恋う」の形で用いられた》
  1. に同じ。

    1. 「我が背子に―・ふれば苦し暇 (いとま) あらば拾 (ひり) ひて行かむ恋忘れ貝」〈・九六四〉

  1. 季節や植物などを賞美する。めでる。

    1. 「撫子 (なでしこ) がその花にもが朝な朝 (さ) な手に取り持ちて―・ひぬ日なけむ」〈・四〇八〉

[補説]古くは上二段であるが、中世末期ごろから「千々のあはれは妻こふ鹿の音」〈松の葉・三〉のように四段に活用する例が見られる。また、現代でも「この祖母を恋いる事を忘れて」〈三重吉・小鳥の巣〉のように上一段に活用する例がまれに見られる。

出典:青空文庫