• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

恋いこがれる心を、煙が立ちのぼるようすにたとえていう語。

「かがり火に立ちそふ―こそ世には絶えせぬ災なりけれ」〈・篝火〉