• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

恋人とのつながりが絶えてしまわないように、神に祈ってひもなどを結ぶまじない。

「白栲 (しろたへ) のわが紐の緒の絶えぬ間に―せむ逢はむ日までに」〈・二八五四〉