• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 心から離れない恋を、身につける衣にたとえていう語。

    1. 「―着奈良の山に鳴く鳥の間なく時なしあが恋ふらくは」〈・三〇八八〉

  1. 恋をしている人の着ている衣。

    1. 「妹待つと山の雫 (しづく) に立ちぬれてそぼちにけらしわが―」〈風雅・恋二〉

[補説]書名別項。→恋衣

詩歌集。山川登美子茅野雅子与謝野晶子の共著。明治38年(1905)刊。登美子の「白百合」、雅子の「みをつくし」、晶子の「曙染 (あけぼのぞめ) 」の短歌3集と、晶子の詩6編からなり、「君死にたまふこと勿 (なか) れ」を収める。