恋心のせつなさを、風が身に染みるのにたとえていう語。

「冬の夜の―ぞっと身に染て」〈魯文・高橋阿伝夜叉譚〉

出典:青空文庫