• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

恐悦至極の解説 - 学研 四字熟語辞典

恐れつつしみながらも大喜びすること。
注記
「恐悦」は、かしこまって喜ぶこと。「至極」は、この上なく。目上の人に関係のある喜ばしい出来事について、自分もたいへん喜んでいるという意で使う丁寧語。主に手紙文で用いる。「恐悦」は、「恭悦」とも書く。
用例
いつもながら麗しき御尊顔を拝し奉り、島津修理、恐悦至極に存じまする〈佐々木味津三・旗本退屈男 第五話 三河に現れた退屈男〉

キーワード[謙虚・謙遜]の四字熟語

キーワード[手紙・便り]の四字熟語

キーワード[喜び]の四字熟語

「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。