[名](スル)
  1. おそれあわてること。「恐慌をきたす」

    1. 「是 (ここ) に於 (おい) て誰 (たれ) か―し、狼狽 (ろうばい) し」〈紅葉金色夜叉

  1. 生産過剰などの原因により、景気が一挙に後退する現象。株価などの暴落、失業者や滞貨の増大、企業の倒産、銀行の取り付けなどの混乱が起こる。1929年に米国から始まり、全世界に及んだ大恐慌が有名。パニック。

出典:青空文庫