[名](スル)
  1. おそれかしこまること。

    1. 「震 (しん) ただ―して落涙 (らくるい) 止 (とど) まらざるあるのみ」〈露伴運命

  1. 候文の手紙の末尾に記し、敬意を表す語。「再拝―」「―謹言」

  1. 昔、朝廷からとがめを受け、家にこもって謹慎すること。

出典:青空文庫