• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

恒産恒心の解説 - 学研 四字熟語辞典

一定の財産や職業をもたないと、一定の道徳心や良心を保つことができないことのたとえ。
注記
「恒産こうさんければ恒心こうしんし」の略。「恒」は、一定しているさま、不変のさま。「恒産」は、一定の財産や安定した職業のこと。「恒心」は、人間としてもつべき一定の心のことで、道徳心や良心のこと。
出典
『孟子もうし』梁恵王りょうけいおう・上

キーワード[道徳]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。