• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動マ上一]恨む」に同じ。
  • 「昇にこそ怨はあれ、昇に―・みられる覚えは更にない」〈二葉亭浮雲
[補説]上二段活用の動詞「恨む」は近世以降、四段化したが、近代でも上一段の例がある。