• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

受けた恩に報いるために命を捨てる者は少ないが、義理人情のために命を捨てる者は多い。恩の死にはせねども情けの死にはする。