• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]カイツブリの古名。
[枕]
  1. 雌雄が率 (ゐ) る(相率いる)意から、「猪名 (ゐな) 」の「猪 (ゐ) 」にかかる。

    1. 「大き海にあらしな吹きそ―猪名の湊に舟泊 (は) つるまで」〈・一一八九〉

  1. 水に潜って出てきたときの息をつぐ声から、「安房 (あは) 」にかかる。

    1. 「―安房に継ぎたる梓弓」〈・一七三八〉

[生物/動物名]カテゴリの言葉