(梵)sīddhaṃの音写。成就・吉祥の意》

  1. 梵字字母とそれが表す音声の総称。広義には摩多 (また) (母音)と体文 (たいもん) (子音)の総称として用いられるが、狭義には摩多の一二韻のみをさす。日本には天平年間(729~749)に中国を経てインドから伝えられた。

  1. 悉曇学」の略。