• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

生体の神経線維筋線維などの刺激に対する反応には、起きるか起きないかの二つしかないという法則。刺激が一定の大きさとなるまでは起こらずそれを超すと、刺激の大きさに無関係に同量の反応が起きる。全か無かの法則。