• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[形][文]おぞま・し[シク]
  1. いかにも嫌な感じがする。ぞっとするほど、いとわしい。「口にするのも―・い事件」

  1. 我 (が) が強い。強情だ。

    1. 「かく―・しくは、いみじき契り深くとも絶えてまた見じ」〈・帚木〉

  1. たけだけしく、恐ろしい。こわい。

    1. 「いづくにも守護といふものの、目代よりは―・しきを据ゑたれば」〈増鏡・久米のさら山〉

[派生]おぞましげ[形動]おぞましさ[名]