[動ラ五(四)]

  1. 物事の真の意味を知る。はっきりと理解する。「芸の神髄を―・る」

  1. 隠されているもの、また自分の運命などについて、それと気づく。感づく。察知する。「危険を―・る」「言外の意を―・る」「失敗を―・られないようにする」「死期を―・る」

  1. 仏語。迷い・煩悩 (ぼんのう) を去って生死を超えた永遠の真理を会得する。悟りを開く。

[可能]さとれる

出典:青空文庫