• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大嘗祭 (だいじょうさい) のとき、神饌 (しんせん) の新穀を奉るよう卜定 (ぼくじょう) によって選ばれる国。平安時代以後は近江 (おうみ) 国に一定するようになった。→主基 (すき) の国

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉