• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

需要の拡大や実質賃金の増加を伴わない物価の上昇をいう。需要が停滞している中で、原材料の輸入価格の高騰分が最終消費財の価格に転嫁された場合、個人消費は抑制され、企業の収益は改善されず、労働者の賃金も増えず、需要は縮小する。こうした物価の上昇は一時的で、景気の回復にはつながらない。⇔良い物価上昇。→コストプッシュスタグフレーション