[形][文]わる・し[ク]
  1. 人の行動・性質や事物の状態などが水準より劣っているさま。

    1. ㋐質が低い。下等である。「成績が―・い」「画質の―・いテレビ」⇔よい

    2. ㋑能力が劣っている。下手である。「方向感覚が―・い」「やり方が―・い」⇔よい

    3. ㋒美的な面で劣っている。醜い。「スタイルが―・い」「眺めが―・い」⇔よい

    4. ㋓正常・良好な状態でない。すぐれない。「体調が―・い」「胃が―・い」⇔よい

    5. ㋔地位や身分が低い。また、社会的にしっかりしていない。「―・い家庭環境」⇔よい

    6. ㋕経済的に衰えている。貧乏である。「景気が―・い」「金回りが―・い」⇔よい

    7. ㋖利益の面で劣っている。損である。不利である。「―・い役割」「利率が―・い」⇔よい

    8. ㋗好ましくない効果やよくない結果をもたらすさま。逆効果である。「手助けしたのが、かえって―・かった」⇔よい

    9. ㋘ふさわしくない。不向きである。不適当である。「―・い所で―・い人に会ってしまった」「間 (ま) が―・い」⇔よい

  1. 人の行動・性質や事物の状態が、正邪・当否の判断基準に達していないさま。

    1. ㋐正しくない。不当である。善でない。「心がけが―・い」「人を―・く言う」⇔よい

    2. ㋑不親切である。やさしくない。「客扱いが―・い」「心の配り方が―・い」⇔よい

    3. ㋒人と人との間が円満でない。「兄弟仲が―・い」⇔よい

    4. ㋓不足している。万全でない。「整理が―・いから、すぐ物をなくす」⇔よい

  1. 不吉である。縁起がよくない。めでたくない。「結婚式には日が―・い」「占いが―・い」⇔よい

  1. (多く「悪くなる」の形で)食べ物が傷んでいる。食べられないほど鮮度が落ちている。「弁当の魚が―・くなっている」

  1. 謝罪・感謝の意を表す語。申し訳ない。すまない。「心配をかけて、―・いね」「―・いけれど先に帰るよ」「―・い―・い。こんど埋め合わせします」

  1. 名詞に付いて、不快な気持ちを表す形容詞をつくる。「気味―・い」「気色 (きしょく) ―・い」

[補説](1) 「わろし」「わるし」は平安時代にほぼ並行して現れるが、「わろし」が優勢。中世から「わるし」が優勢となり、近世初頭から「わるい」となった。(2) 「わろし」「わるし」は、元来「よろし」の対義語で「よし」と対をなすものではなく、中世以降「あし」が衰退するのに従って「あし」のもっていた意を「わろし」「わるし」が表すようになり、しだいに「よい」「わるい」という対義語関係が生じていった。
[派生]わるがる[動ラ五]わるげ[形動]わるさ[名]

出典:gooニュース

出典:青空文庫