[形ク]《他より劣っている、普通以下である、の意で、一定の水準以下であるさまを表す》
  1. 程度が低い。質が悪い。よくない。

    1. 「いと―・かりしかども、…この花を折りてまうで来たるなり」〈竹取

  1. 下手である。拙 (つたな) い。

    1. 「この度は―・く舞うたり」〈宇治拾遺・一〉

  1. 見劣りがする。みっともない。醜い。

    1. 「火桶の火も、白き灰がちになりて―・し」〈・一〉

  1. 勢力や財力が衰えている。貧しい。

    1. 「その主も、もとより勢ひなく、―・き人の、無徳なる司にて」〈宇津保・嵯峨院〉

  1. ふさわしくない。不相応である。不適切である。

    1. 「行法も、法の字を清みて言ふ、―・し。濁りて言ふ」〈徒然・一六〇〉

  1. 不吉である。

    1. 「御宿世の―・くおはしましけるを、世に口惜しきことに申し思へり」〈栄花・玉の村菊〉

  1. たちがよくない。悪質である。

    1. 「呪詛 (じゅそ) しけるほどに、幾程なく―・き病つきて」〈沙石集・一〉

  1. 食べ物が傷んでいる。鮮度が落ちている。→わる(悪)い

    1. 「瓜を取り出でたりけるが、―・くなりて」〈著聞集・一八〉

出典:青空文庫