ナス科の多年草。高さ30~50センチ。根茎は地中を横に伸びて増え、茎や葉の両面にとげと星状の毛がある。葉は卵形でやや切れ込み、互生する。夏、白または淡紫色の花を開き、実は丸く橙黄色。全草が有毒。北米の原産で、日本には明治後期ごろ渡来、帰化。おになすび。

[生物/植物名]カテゴリの言葉