• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《形容詞「わるし」の語幹から》

  1. 悪いこと。また、いたずら。わるさ。「悪をする」「性 (しょう) 悪」

  1. 悪人。悪党。また、悪いことをする子供。「学校一の悪」

  1. 他の語の上に付いて複合語をつくり、悪い、不快である、害になる、度が過ぎるなどの意を表す。「悪知恵」「悪酔い」「悪乗り」「悪ふざけ」