[形][文]かな・し[シク]
  1. 心が痛んで泣けてくるような気持ちである。嘆いても嘆ききれぬ気持ちだ。「友が死んで―・い」⇔うれしい

  1. 人に1のような気持ちを起こさせる物事のさま。「―・い知らせ」「―・いメロディー」

  1. (愛しい)

    1. ㋐心に染みていとしい。かわいくてならない。

      「柵 (くへ) ごしに麦食 (は) む小馬のはつはつに相見し児 (こ) らしあやに―・しも」〈・三五三七〉

    2. ㋑心に染みておもしろい。強く心を引かれる。

      「あしひきの八つ峰 (を) の雉 (きぎし) 鳴きとよむ朝明 (あさけ) の霞 (かすみ) 見れば―・しも」〈・四一四九〉

    3. ㋒すばらしい。みごとである。

      「―・しくせられたりとて、見あさみけるとなん」〈著聞集・一七〉

    1. ㋐しゃくにさわるさま。悔しい。

      「物も覚えぬ腐り女に、―・しう言はれたる」〈宇治拾遺・七〉

    2. ㋑我慢できないほど恐ろしい。つらい。

      「先立つだにも―・しきぞかし」〈平家・三〉

    3. ㋒ひどく貧しい。

      「釜の下へたく物さへあらず。さても―・しき年の暮れや」〈浮・胸算用・三〉

[派生]かなしがる[動ラ五]かなしげ[形動]かなしさ[名]かなしみ[名]
[補説]古くは、いとしい、かわいい、すばらしい、嘆かわしい、心が痛むなど、物事に感じて切に心の動くさまに広く使われたが、近代では、主に心の痛む意に用いられるようになった。

出典:青空文庫

出典:gooニュース