• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動バ四]
  1. 悲しむ1」に同じ。

    1. 「法顕 (ほっけん) 三蔵の、天竺 (てんぢく) に渡りて、故郷の扇を見ては―・び」〈徒然・八四〉

  1. 悲しむ2」に同じ。

    1. 「霞をあはれび、露を―・ぶ心」〈古今・仮名序〉

[動バ上二]《上代語》「悲しむ1」に同じ。
    1. 「今日だにも言問 (ことど) ひせむと惜しみつつ―・びませば」〈・四四〇八〉

[補説]この例「可奈之備」と表記。「備」は上代特殊仮名遣いで乙類の仮名であり、連用形語尾が、四段活用の場合は甲類、上二段活用の場合は乙類という事実があるので、これは上二段活用と推定される。