• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

悲憤慷慨の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

運命や社会の不正などを憤って、悲しみ嘆くこと。▽「悲憤」は悲しみ憤ること。「慷慨」は「憤慨」と同じ。憤り嘆く意。「慷慨悲憤こうがいひふん」ともいう。
句例
政治の腐敗ぶりに悲憤慷慨する、悲憤慷慨の志士
用例
松岡は、悲憤慷慨の色をかくさず、自らの言葉に酔うようにして、たたみかけた。他の外務官僚の全権にはできぬ大演説であった。<城山三郎・落日燃ゆ>
類語
悲歌慷慨ひかこうがい
活用形
〈―スル〉

悲憤慷慨の解説 - 学研 四字熟語辞典

社会の不義・不正や自らの運命などに憤りをおぼえ、嘆き悲しむこと。
注記
「悲憤」は、悲しみ憤ること。「慷慨」は、憤り嘆くこと。「慷慨悲憤こうがいひふん」ともいう。
表記
「慷慨」は、「忼慨」とも書く。「慨」を「概」と書きちがえない。
類語
慷慨憤激こうがいふんげき 悲歌慷慨ひかこうがい

悲憤慷慨の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)世情や自分の運命などについて、憤慨し、嘆き悲しむこと。「不正の横行を悲憤慷慨する」

キーワード[怒り]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。