1. 個人的な利害・感情がからんで公平な取扱いができない関係や状態。「情実を交える」「情実にとらわれない」「情実を排する」

  1. 実際のありさま。実情。

    1. 「諸国の―を問い」〈藤村夜明け前

  1. 偽りのない気持ち。まごころ。

    1. 「―互に相通じて怨望嫉妬の念は忽ち消散せざるを得ず」〈福沢学問のすゝめ

出典:青空文庫