• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

情緒纏綿の解説 - 学研 四字熟語辞典

喜怒哀楽などの感情が深く突き動かされ、離れがたいこと。趣や雰囲気、情愛などがいつまでも心にまとわりつくこと。また、愛情がこまやかなことにもいう。
注記
「情緒」は、情愛や情感が深いことで、慣用的に「じょうちょ」とも読む。「纏綿」は、からみついて、なかなか離れないさま。
⇒ じょうしょてんめん(情緒纏綿)

情緒纏綿の解説 - 小学館 大辞泉

[ト・タル][文][形動タリ]情緒が深くこまやかなさま。情緒が心にまつわりついて離れないさま。「―たる恋愛小説」「―とした下町のたたずまい」

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。