• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 実情を述べて願い出ること。嘆願。

    1. 「空しく後日の冀望 (きぼう) を大にして今日の―を失するが如し」〈織田訳・花柳春話

  1. 監獄の在監者が、処遇に関して不服のある場合に、事情を述べて救済を願い出ること。旧監獄法の用語。現行の刑事収容施設法では「不服申立て」として規定されている。