[形][文]を・し[シク]
  1. 大切なものを失いたくない。むだにすることが忍びない。もったいない。「―・い人物を失った」「時間が―・い」「名残が―・い」

  1. もう少しのところで実現されずに終わって心残りである。残念だ。「―・くも受賞を逃す」「最後の一筆の足りないのが―・い」「―・い試合を失う」

  1. いとしい。かわいい。

    1. 「汝、命と婦といづれかはなはだ―・しき」〈欽明紀〉

[補説]3は「愛し」を当てることが多い。
[派生]おしがる[動ラ五]おしげ[形動]おしさ[名]

出典:青空文庫

出典:gooニュース