[動マ五(四)]

  1. 心残りに思う。残念がる。「散る花を―・む」「別れを―・む」「人に―・まれて死ぬ」

  1. 金品などを出すことを、もったいないと思う。出し惜しむ。「わずかの出費を―・んで大損をする」「骨身を―・まず働く」

  1. 大切に思う。尊重する。「寸暇を―・む」「名を―・む」

  1. (「愛しむ」とも書く)愛する。めでる。慈しむ。

    1. 「お前を憎み、お前を―・み」〈近松秋江別れたる妻に送る手紙

出典:青空文庫

出典:gooニュース

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。