• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

主として鎌倉時代、武士における一族の結合形態。所領は分割相続されるが、惣領庶子を統制し、一族の長として所領の支配、戦闘の指揮などに責任をもった。鎌倉中期以降は、しだいに長子の単独相続に移行。