• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

意匠惨憺の解説 - 学研 四字辞典熟語

詩文・絵などを創作するときに思いわずらいながらする工夫。転じて、物事に工夫を凝らすために、あれこれと苦心すること。
注記
「意匠」は、工夫を凝らすこと。また、その装飾的な表現。
出典
杜甫とほ「丹青引たんせいのいん
類語
苦心惨憺くしんさんたん 焦唇乾舌しょうしんかんぜつ

キーワード[苦心・苦労]の四字熟語

キーワード[工夫]の四字熟語