[名・形動]いじっぱり」に同じ。
  • 「僕は―という点に於て…陰性の癇癪持だから」〈漱石・彼岸過迄〉

出典:青空文庫