• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

意志薄弱の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

意志が弱くて決断することができなかったり、物事を我慢する気持ちの弱いさま。また、一度決めたことを、人の意見ですぐ翻す場合にも用いる。
句例
意志薄弱な態度
用例
まことに汗顔の至りじゃ。意志薄弱にして、感情に溺おぼれ、主君との盟約すら破棄する。<舟橋聖一・花の生涯>
類語
薄志弱行はくしじゃっこう 優柔不断ゆうじゅうふだん
対義語
意志堅固いしけんご
活用形
〈―ナ〉

意志薄弱の解説 - 学研 四字辞典熟語

物事を選択または実行しようとするこころざしや決断力が弱く、自分の考えを保てず、人の言動に左右されやすいさま。
注記
「意志」は、選択・決断を決意して実行する能力のこと。「薄弱」は、よわよわしいさま。
表記
「意志」を「意思」と混同しない。
用例
意志薄弱なる空想家、…ないしはそれらの模倣者もほうしゃ等、すべて詩のために詩を書く種類の詩人は極力排斥すべきである。〈石川啄木・弓町より〉
類語
薄志弱行はくしじゃっこう 優柔不断ゆうじゅうふだん
対義語
進取果敢しんしゅかかん

意志薄弱の解説 - 小学館 大辞泉

[名・形動]物事をやりとげようとする気持ちや、自分で決断を下す強い判断力に欠けること。「意志薄弱な人」