• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

意気衝天の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

意気込みや元気が、このうえなく盛んな状態。▽「衝天」は天を突き上げる意。勢いの盛んなことのたとえ。「意気いきてんを衝く」と訓読する。
句例
意気衝天の勢い、意気衝天の感がある
用例
士気はきわめて高く、意気は天を衝く勢いである。<伴野朗・勇士は還らず>
類語
意気軒昂いきけんこう 意気揚揚いきようよう
対義語
意気消沈いきしょうちん 意気阻喪いきそそう 垂頭喪気すいとうそうき

意気衝天の解説 - 学研 四字辞典熟語

元気よく意気込みが盛んで、天を突かんばかりに勢いがあふれているさま。
注記
「意気」は、気概・元気。「衝天」は、天を突きあげる。「意気、天を衝く」と読み下す。
表記
「昇天」ではなく「衝天」。
用例
吾輩の意気、応まさに衝天しょうてんの概がいがあったね。〈夢野久作・爆弾太平記〉
類語
意気軒昂いきけんこう 意気揚揚いきようよう
対義語
意気消沈いきしょうちん 意気阻喪いきそそう

意気衝天の解説 - 小学館 大辞泉

意気込みが天を衝 (つ) くほど、激しく盛んなこと。「意気衝天の勢い」