• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

意気軒昂の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

意気込んで、奮い立つさま。元気や勢力が盛んなさまで、威勢のいい様子。▽「意気」はあふれ出る元気、「軒昂」は高くあがる意。
句例
意気軒昂として主張する、意気軒昂たる姿
用例
御当人は悠々自適として時世が動き会社が自分を迎えに来るまで太公望の心境だと意気軒昂なんだがね。<有吉佐和子・恍惚の人>
類語
意気衝天いきしょうてん 意気揚揚いきようよう
対義語
意気消沈いきしょうちん 意気阻喪いきそそう 垂頭喪気すいとうそうき
活用形
〈―タル〉 〈―ト〉

意気軒昂の解説 - 学研 四字辞典熟語

おおいに元気で、盛んに奮い立つさま。意気込みが盛んで、威勢のいいさま。
注記
「意気」は、元気・気概。「軒」も「昂」も、高くあがる。
類語
意気衝天いきしょうてん 意気揚揚いきようよう
対義語
意気消沈いきしょうちん 意気阻喪いきそそう

意気軒昂の解説 - 小学館 大辞泉

[ト・タル][文][形動タリ]意気込みが盛んで、元気いっぱいなさま。「意気軒昂たる女性チーム」
[補説]「意気軒高」と書くこともある。