• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

意識朦朧の解説 - 学研 四字熟語辞典

意識が薄れ、心の働きがぼんやりとかすんでいるさま。意識不明の手前の状態。
注記
「意識」は、心の働き。「朦朧」は、おぼろでかすんでいるさま。
用例
おおかたそれは彼の意識が高熱のために朦朧もうろう状態に陥っていたせいであろう。ただ夢のように……。〈夢野久作・木魂〉
類語
人事不省じんじふせい