• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

南北朝時代の歌論書。1巻。頓阿 (とんあ) 二条良基 (よしもと) 著。正平18=貞治2年(1363)成立。良基の問いに頓阿が答える形式で、歌の本質・風体本歌取りなどについて説いたもの。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉