• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《原題、(ラテン)Encomium Moriaeエラスムスの著書。1511年刊。痴愚女神の自己礼讃の形式で、哲学者・神学者の空虚な論義、聖職者の偽善などを鋭く風刺し、人文主義の立場から支配者・宗教家を批判した。痴愚神礼讃。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉