• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鎌倉時代の仏教書。2巻。親鸞 (しんらん) 著。成立年未詳。仏一代の教説のうち、大乗について二双四重(竪超・竪出、横超・横出)の教判を立て、浄土真宗を横超とし、最もすぐれているものとして、他力の信心を強調したもの。二巻抄。