• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

天正10年(1582)、本能寺の変の直前に、明智光秀が京都愛宕山の威徳院で興行した連歌。光秀の発句「時は今あめが下知る五月かな」は、「雨が下」と「天が下」をかけて謀反の決意を示したものともいわれ有名。参加者は他に明智光慶 (みつよし) 、里村紹巴、猪苗代兼如など。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉